み熊野ねっと分館
み熊野ねっと

 著作権の消滅した熊野関連の作品を公開しています。

愚者の死

佐藤春夫

 

千九百十一年一月二十三日
大石誠之助は殺されたり。

げに厳粛なる多数者の規約を
裏切る者は殺さるべきかな。

死を賭して遊戯を思ひ、
民俗の歴史を知らず、

日本人ならざる者
愚なる者は殺されたり。

「偽より出でし真実なり」と
絞首台上の一語その愚を極む。

われの郷里は紀州新宮。
渠の郷里もわれの町。

聞く、渠の郷里にして、わが郷里なる
紀州新宮の町は恐懼せりと。
うべさかしかる商人(あきうど)の町は歎かん、
——町民は慎めよ。
教師らは国の歴史を更にまた説けよ。

 

底本:『定本 佐藤春夫全集』 第2巻、臨川書店

初出:1911年(明治44年)3月1日発行の『スバル』(第三年第三号)に掲載

(入力 てつ@み熊野ねっと

幸徳秋水:熊野の歌

与謝野寛:熊野の歌

2015.9.2 UP



ページのトップへ戻る